FASHION

【大人が出逢う、東京古着】原宿のサンタモニカで、素敵な古着デビューを


「古着が好き」というと、時折こういうイメージがついてくる。
ファッションに詳しい。こだわりが強い。変わったものが好き。
だけど、本来はそうじゃないはず。
詳しくなくてもいいし、欲しいものが明確でなくてもいい、スタンダードなものを求めたっていい。初めてだってもちろんいいのだ。
古着は、誰がどれを手にとってもいい。そんなメッセージを込めて、長年古着屋さんをやっているお店がある。「Santa monica(サンタモニカ)」だ。



何年も昔から、古着のメッカとされてきた街、原宿。
遊歩道を抜けた所にお店を構えるサンタモニカ原宿店は、初のレディースオンリーの店舗としてオープンした、37年続くサンタモニカの中でも1番新しいお店。
白を基調にした拓けた店構えと、大きな看板。
コンセプトは「綺麗に着られる古着」。
古着屋さんには珍しく、3割の割合で新品も取り扱っている。
オリジナル商品やリメイクアイテムなど、「古着」というイメージを飛び越えたアイテムを楽しめるお店だ。
 


店先から中を覗くと、“乙女のアンテナ”が刺激された。
「かわいい!」
本能にかなり近い感覚で、そうキャッチする。
店長の武田さんにディスプレイの工夫を訪ねてみた。
ジョッパーズパンツに、黒のメキシカン風チュニック。
まさに、大人な古着の着こなしを絵に描いたような、クールで素敵な人だ。



「女性って着るもので暗めの色を選んでいても、直感的に華やかな色、愛らしい色に惹かれる気がしていて。食べ物でいうと、食欲が増す色っていうのかな。そういった感覚ですね」
かっこいい着こなしをしている武田さんが言うと、より説得力があった。
このアンテナは、私たち女には永久的に備わっているものなのだろう。
それは、幸せでかわいい刺激。



平日の開店前にもかかわらず、お店の前にはお客さんがちらほら集まり始めている。
「ありがとうございます。もう、あと少しで開けますので、お待ちくださいませ」1人1人に丁寧に声をかける武田さん。



「古着が元々お好きだったんですか?」
10年サンタモニカで働く武田さんに、素朴な質問をぶつけてみた。
「入ったばかりの頃は、人と違うものが好きくらいの感覚でした。でも、古着をより深く知れるようになって、その良さが本当の意味でわかってきた気がします。今ある新品の洋服の中にも、古着のデザインが元にされている物があるなぁとか。それなら元になっているものを着てみようかとか」



武田さんの言葉に、古着の横顔を見た。
そうだ、古着は、過去のある地点の“今”の服。そういう顔も持っている。
“今”が昔になって、昔々になって、また、巡って“現在(いま)”に再起する。
ファッションにおける時代が、巡り巡ってまたやってくる物だとしたら、
たしかに、元祖を着てみるのもいいかもしれない。
 


今季、大ブームを起こしていたスカーフ。
柄や色使いにうっとりしながら思い出すのは、在りし日の母の寫眞だった。
カラフルなスカーフを結んだ首を少しかしげて、よそ行きの顔をしていた。
足もとに目をやると、今にはちょっとない色合いのパンプス。
枠付きのざらついた寫眞にオレンジで刻まれている日付は、 ある地点の“今”だ。
「お母さん、かわいい格好してるでしょ」
「このスカーフって今も家にあるの?」
母と娘の間で交わされるさりげない会話。
そんな歴史を刻んだ、どこか懐かしいアイテムに出会うとやっぱり嬉しい。
知らなかった時代も、巡り巡って自分のところにやってくる。
 


お店で一際存在感を放つ、大充実のアクセサリコーナーについても語らずにはいられない。古着屋さんのアクセサリはヴィンテージ物で高いというイメージを持っている人にこそ、ぜひ覗いてほしいラインナップ。
大人っぽいもの、ポップなもの、数百円から買えるもの。
 


「ザ・ヴィンテージっていうものから、セレクトで買ってきたもの、パーツを買ってきて自分たちで作っているもの、いろいろあります。何でもいいので、来てくれる人に1つでもハマる物があればいいなと思って…。高いものじゃなくてもいい。前、ここで何か買ったなって、そんなささやかな記憶を残せたら」



武田さんは、1つたずねると、モノの見た目だけでなく、
その向こう側にある、見えないものまで丁寧に教えてくれる。
それは、たとえば、歴史や物語。



「軍物って結構奥深いんですよ。最近はサージカルウェアとかが注目されています。医療部隊が身につけていた物ですね。他にも事務的な作業をする人が着ているもの、料理担当のコック服など、軍物って実はいろいろあるんです。シンプルですが、着こなしがいがありますよ」

変わった服や派手な色合いもいいけれど、
スタンダードなものをどう着こなすかも古着の醍醐味の一つかもしれない。



「これは、アフガニスタンのもの。ファッションに取り入れると、インパクトもあって映えますよ。元々現地の方が魔除けとしてつけていたものなんです。だから光りものが付いていて、装飾が派手なんですね」

この仕事に就いてから、海外にも強く興味を持つようになったという武田さん。
「お客さんに聞かれた時に、商品の特徴だけじゃなくて、背景やストーリーを伝えられるようでいたいなって。まだまだ勉強中なんですけど」
控えめにそう言って、意志のある声色でこう付け加えた。
「自分もそうだけど、大人になると特に、ルーツやストーリーがあるものを身につけたくなるものだから」



モノの歴史を追求すること。これは何のために作られたんだろう。
モノのルーツに思いを馳せること。あの国ではこういう意味がある。
武田さんはファッションだけでなく、ヴィンテージな心得を教えてくれた。



古着は人を選ばない。
だから、古着を知らない人にこそ、覗いてほしい。
自分の選ぶものにちょっとしたストーリーが欲しくなったら、聞いてみよう。
デザインだけでない、あなたの“今”にこの服が巡ってきたという縁、知らなかった遥か遠い国の歴史。
古着には、目には見えないロマンティックが宿っている。
そのロマンティックな物語、続編はあなたが作る。
 


プリーツトップス ¥5900+tax、ディッキーズ ¥5900+tax、
ワイヤーベルト ¥3500+tax、シルバーレザーパンプス ¥6200+tax

INFORMATION


Santa monica原宿店

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4−25−5
電話番号:03-5474-1870
営業時間:1100
休み:なし
HP:  http://www.harajuku-santamonica.com